「はじめの一歩」: ラクシオンの地図(ビジョン編)【ルート11】



家に帰るために必要なこと

「介助なしで生活できる」

これを、

当事者も、

その家族も、

望む。

今までと同じ自分

ありたい自分に戻りたい


その中で理学療法士ができることは、

できないをわかり、

なぜできないをわかり、

それを一緒に、

一歩ずつ

解決までの道のりを

歩むこと

できるにかえていく

だからこそ、

運動の

トレーニングの

課題設定がとても重要。

その道のりを、

いっぺんに10歩を進むことができる人なのか?

1歩ずつ進むことが最善なのか?

それを忘れてしまうと、

難しい課題を与え続けて、

「できない」

と判断させかねない。

大切なことだから、一歩ずつ。

これが、ラクシオンの地図【ルート11】


閲覧数:19回0件のコメント

最新記事

すべて表示