「チュンチュン♪ 鳥の言葉がわかる」: ラクシオンの地図(グリーンハウス編)【ルート3】

更新日:1月8日

私は理学療法士の養成校の学生、


2年生。


試験期間の真っ只中だ。

当たり前だが、


試験で赤点を取れば留年する。

実際に上の学年から留年してしまった、


今では同級生も数名いた。


留年して、


学費を払い続けられるほどの経済力は、


私の家庭にはなかったし、


自分のプライドが許さなかった。

だから、試験に向けて猛勉強した。

試験当日のあさ。

高く上った太陽で目が覚めた。

何度も目を開けて、

また、閉じた。

やはり太陽がずいぶんと高い。

チュンチュン、

外の木にいる小鳥がいった。

「寝坊してるよ」

寝坊したーーーーーっっ!!!

大事な試験なのに、寝坊してしまった。

試験を受けて落ちるなら、


勉強の方法が悪いだけ。

これは、それ以前の問題だ。

試験を受ける準備すらできていない。 


自分の生活のあり方の問題だ。

 

生活のあり方を見直すのは、


この経験からまだまだ先のことだが、、、

この時は、


もちろん親のせいにした。

なんなら、


誰も連絡をくれない友達のせいにも。

若気の至りと、許していただきたい。


その節はごめんなさい。

目の前の課題や問題は大切だが、


自分のカラダの健康があってのこと。

それを礎として、


できることを着実に取り組んでいくことが大切。

ちなみに、


追試を受け、留年は免れることができた。

生活のリズム、大切。


ちなみに、この後の4年生の実習の最終日でも、



寝坊による遅刻をすることになる、、、、


これが、ラクシオンの地図【ルート3】

閲覧数:45回0件のコメント

最新記事

すべて表示