固定点を作れば、手のチカラが伝わる


片麻痺専門トレーニングジム ラクシオンをOPENして、


数日が経過しました。



そして、嬉しいことにお問合せもいただいています。


その中でも、とても多いのが、



手の麻痺に対する相談です。


「脚は比較的良いのですが、手が60%くらいなんです、、、、」


「歩くことはできるのですが、手は以前のように細かいことができなくて、、、」


「手がもう少し良くなれば、生活がずっと楽になるんですが、、、」


などなど。



片麻痺専門のトレーニングジムとしては、黙ってはいられません!!


ぜひ、この方法をシェア、拡散をお願いします。


手の麻痺に困っている方に届き、


そして、生活の質が向上しますように!!


さて、本題のトレーニング方法ですが、

[動きを作る前に、固定点を作る!]


これが今日お伝えしたいことです。



手指を握る、広げるためには、前腕がそこに固定されている必要があります。


もし、前腕が手の運動に伴って動いてしまったら、


手の指を操作できません。


PCのタイピングでも、腕を置きながらやった方が楽ですよね。


それは腕が、無駄な力を入れずに、固定できているからです。



では、腕を固定するためにはどうすれば良いか?


私たちは無意識のうちに固定するために、力を入れています。


PCのタイピングで例えると、


腕を机に固定するために、わずかに机に押し付けています。


そのわずかに力が入ることが大切なんです。


そこで、このトレーニングです!!



机に置いたボールを


腕で転がす


だけです!!


ボールが転がって行かないように、


腕でわずかな力で押しつける必要があります。


力が強すぎると、ボールを押し付け過ぎてしまい、


転がすことができません。


この力のわずかな調整がとても難しいです。



さらに、


手を開くトレーニングです。


これは、手の固定点を明確にするために、


手の平の中心にボールを置きます。


ボールがどこへも行かないように押し付けながら、


指を開いてみてください!


力を入れすぎると固定が甘くなり、ボールが固定されません。


これも微調整が必要です。


段々できるようになってきたら、指のチカラをさらに強くしていってください!



ぜひ、お試しあれ。



固定トレーニング①



固定トレーニング②



固定トレーニング③




固定トレーニング④





メールは、komi@raccion.net

HPの問い合わせから、raccion.net

公式LINEからは、https://lin.ee/JmlSCJI LINE ID: : @983oeplp

いつでもご連絡、お待ちしています。

「できない」を背負っている人を、ゼロに。

片麻痺専門トレーニングジム

ラクシオン.

#脳梗塞

#脳梗塞なんか負けないよ

#脳梗塞リハビリ

#脳梗塞からの復活

#脳出血

#脳出血リハビリ

#パーソナルトレーニング

#伊勢原市

#秦野市

#厚木市

#理学療法士




閲覧数:35回0件のコメント