top of page

EBP(科学的根拠に基づいた実践​)による
ラクシオン.独自メソッド

・脳神経科学
・運動生理学
  関節・筋運動に必要な解剖生理学 

​・トレーニング科学

​根拠
​ニーズ
経験

・セラピストスキル
  促通手段
  声掛け効果
​  細かな課題調整

  説明力

・脳力を鍛え、動く手をつくる
・麻痺、共同運動に抗う
・可動性・神経筋・感覚の
​ コンディショニング
​・メンタルケア

​できないを背負っている人を、ゼロに。

​このテーマを最上のミッションとして、ラクシオン.のメソッドは進歩し続けています

​脳力を鍛えるためのトレーニング

​脳神経科学
​運動生理学
​トレーニング科学

​×

​×

 ラクシオン.では、麻痺に対しての現状維持のリハビリにとどまらず、ケースごとに具体的に
『どの部位に』『どれくらいの力で』『どのくらいの量(回数・時間)の』刺激を与えることで効果が期待できるというロジックを立てて、最適な改善プログラムを推進してまいります

 そのため、神経や筋肉の構造に基づいた全身に対してのトレーニングを取り入れるケースがあるなど、自助的で継続可能な方法をご提案できることが特徴となっています

​麻痺・共同運動に抗う為のトレーニング

​コンディショニング
​STEP 1
​関節の柔軟性
筋肉や神経の働きだけが向上しても、動きを表出する関節が固ければ意味がありません。まずは関節の可動性、柔軟性をつくることが必要です。
 
​STEP 2
​神経筋の興奮
入院中や生活の中で麻痺の手を思うように動かすことができないために、神経や筋肉もどんどん衰えます。神経と筋肉にスイッチが入るように働きかけます。
​STEP 3
​感覚を育む
高頻度の運動を通して筋肉や関節からの運動感覚、刺激的な感覚(触覚)、その動きを見る(視覚)、聴く(聴覚)など使える感覚を総動員して動きの感覚を刺激します。
トレーニング
​STEP 4
​運動を制御
神経筋の働きによって関節が動き、運動の感覚をもとに制御することが必要です。意図したようにできたか、トライ&エラーを繰り返しながら制御を学びます。

​×

​セラピストスキル
説明力
専門知識をしっかりと理解しているから、誰にでもわかる平易な言葉や例えで説明することができます。専門的な評価の上で今の身体の状況をわかりやすくお伝えします。
促通手技
柔軟性と筋力を向上させ、動きの感触を脳へ届けるために、ただ一方的に動かすようなことはしません。必ずクライアントと共に高頻度で動かし続けます。
細かな調整課題
課題が難しすぎると不要な力が入り、手足が動かなくなります。専門的な評価の上で挑戦的な内容に取り組むことで脳の可塑性を刺激することができます。
​人間性
スタッフは麻痺へのトレーニングに全力を注ぎ、前を向き続けます。悩みや不安を解決するために徹底的に取り組みます。なんでもご相談ください。

セルフケア・トレーニングの励行

お願い

当ジムのトレーニングは、ご利用中の時間で完結するものではございません
ラクシオン.でのトレーニングメソッド(方法)を、生活の中や仕事、自主トレーニングとしてご活用いただくことに意義がございます
以下に生じやすい問題を示します

  • コンディショニングの効果が続かない、関節の固さが取れない
  • 筋力(チカラ)を発揮することができない
  • 筋力がなかなか向上しない
  • 恐怖心や不安感が抜けない
 これらの問題は、麻痺やその他の障害などをお持ちの場合に特に生じやすい点です
 だからこそ、クライアントであるお客様のご協力が必須となります
 以上の問題についての自主トレーニングやセルフケア方法について、当セラピストよりご案内させていただきます
 
例 )
  • 関節の柔軟性を高めるために、持続的なストレッチの導入(ロボット導入など)
  • チカラを入れるためのストレッチや体重を利用した自主トレ方法の実施
  • 筋力を向上させるための、運動負荷の調整や自主トレの継続
  • 安心感を感じながらできるトレーニング方法の工夫
 
 
 身体機能の向上を図るために、ラクシオン.とお客様の共同での取り組みが重要となります
 何卒ご理解の上、ご協力ください

ご入院中の方へ

ラクシオン.にご来店いただく多くのお客様より、

「入院中からこんなトレーニングを受けたかった」とご感想をいただきます

ラクシオン.は、あなたの麻痺の手を動かしたい

ラクシオン.は、あなたの想いを実現させたい

入院によるリハビリテーションには保険制度上、期限があります

期限内に、ご自宅で生活する術を身につけなければなりません

これは容易いことではありません

入院中のリハビリテーションでは、セラピストだけでなく医療チームが一丸となり、懸命に、あなたがご自宅へ、元の生活へ戻るために全力を尽くします

まずはご自宅に戻るためのリハビリテーションに全力を注いでください

それが麻痺の手を使わない、代償的な生活手段だったとしても

​そして、身体を作るためにお食事をしっかりと摂ってください

他の人の動きをよく観察して自分との違いを比較してみてください

無茶をして転ばないでください

不安や想いを、家族や信頼できる医療スタッフに相談してください

全て今後の麻痺の手や脚を再建するための大切な土台になります

突然の麻痺で、多くの不安と葛藤があるかと思います

 

ぜひお気軽に、公式LINEよりメッセージをください

ラクシオン.の専門知識や経験が、一筋の希望になるかもしれません

あなたからのご連絡をお待ちしています

ラクシオン.は、諦めずに一緒に伴走いたします

PT小宮良太

ラクシオン. 代表
小宮 良太

麻痺に負ける気はないアナタ
まずはHand UPトレーニングをご体験ください

体験だけのご利用でも構いません
​HandUP自主トレ方法をお伝えいたします

麻痺の手再建プログラム 

体験コース 90分 ¥4,000-(税込)

さぁ、麻痺に立ち向かう一歩を

​※ラクシオン.の公式LINE お友だち追加のページへ自動的に移動します

​ステップ 1
公式LINE
お客様情報のご登録

1-2分で完了
​ステップ 2
LINEメニューより
[ 予約する ]
HandUPトレーニング
体験コース90分
ステップ 3
ご希望の日時を
「 ○ 」の中より
ご選択ください
※ご予約は前日21:00までに
bottom of page