top of page

手にも脳がある!?


★☆ 麻痺のためのトレーニングのヒントになるボヤキ ★☆




「手と脳は一連の神経(network)のつながりである」


「ここが脳!と決めたのは人間」


つまり何が言いたいかというと、


手先から脳までの間、神経は数珠繋ぎになっており、


その数珠の一つが大きく肥大している部分を、脳と呼んでいるだけです。


ただ名付けただけです。


だから、手先の神経を脳と呼んでも厳密には間違っていないのです。



ただし、脳には他の神経にない特性があります。


それは、その他多くの数珠の働き次第で、


脳は柔軟に変化する特性があります(脳の可塑性)。


だから、


脳の障害による麻痺だとしても、


脳への直接的なアプローチである必要はないと考えます




「できない」を背負っている人を、ゼロに。

片麻痺専門トレーニングジム ラクシオン.

理学療法士 小宮 良太





閲覧数:63回0件のコメント

最新記事

すべて表示
bottom of page