いつも頑張っているアナタ、疲れることがあっても良いじゃない



「カラダがやりたくないって言っている」

「心の奥底では、もう無理ってもう一人の自分が言っている」

▼ Today’s Suggestion !!


【そんな時は割り切って、休む!】

・朝からカラダがだるい

・食欲もない

・脚が重い

・眠い気がする など

どれが一つでも当てはまる方

そんな日があったっていいじゃないですか。

それは、自分のカラダからの信号ですよ


皆さん、体験的にわかっているはずです。

カラダまたはココロが信号を出しています。

その信号は、今は黄色かもしれません。

放っておくと赤信号になることは容易に想像がつきますよね。

だから、黄色のうちに対処するべきです。

軽めのうちに対処するべきです!

その対処の最も効果的な方法は、休息です。

でも、休息って

怠けている気がしませんか?

意欲が低い人みたいに感じませんか?

もちろん、そんなことはありません!!

その休息は、今後のやる気をさらに加速させるためのお休みですから。

いつか野球のイチローさんがテレビの特集で、おっしゃっていました。

「オフの期間は何をしているか?」

「オフは野球がやりたくなるまで、野球から一切離れる」と。

あれ、やる気ってなんだろうか?

何かを始めた時はやる気があるけど、そのやる気も続かない

そんなことありますよね。

そのやる気は、やる気ではないからです。

それはあくまで、決意です!

「頑張るぞ」

「やるぞ」

ってやつですね。

やる気は、行動の結果からしか生まれません。

自分が何か行動を起こした結果が良かった時に、継続するやる気が湧いてきます。

自分の行動が良い結果を生み、その行動が強化されていくことです。

この時に湧き上がる感情が一種のやる気です。高揚感です。

脳は自分にとってプラスの結果に対して高揚感という感情を引き起こすようにできています。

いわゆる報酬系といわれる脳の作用です。

そして、この報酬系をもとに脳はその行動を強化していきます。

行動の背丈があまりに高いと失敗続きで、やる気がなくなり、行動が続かない、、

これも脳の報酬系のマイナス面の作用です。

自分にとってマイナスの結果は、その行動がもう生じないように高揚させないんです。

報酬を与えないんです。

カラダもしくは、精神が疲れていて、行動の良い結果なんて出せるはずがありませんよね?

・カラダが疲れている時は、休みましょう

・精神が疲れている時は、休みましょう

いつも頑張っている方は、

一日や二日、休んだって大きな低下はありませんよ!

だって、それまでに積み重ねたものが、他の人とは違います。

他の人が休むのと同じにしてはいけません。

大丈夫。

でも、どうしても休めないという方もいると思います。

そしたら、わずかな時間でも、自分の一番やりたいことをやりましょう!!

・半休を使って、日帰り温泉もヨシ!

・時間休を使って、マッサージもヨシ!

・帰りに一人映画もヨシ!

・とにかく美味しいご飯を食べるのもヨシ!

・ゴルフの打ちっぱなしに行くのもヨシ!

いつもやりたいと思っているけど、できていないことをやりましょう!!

大切なのは、やりたいことをやることです!

一方で、毎日「疲れた」、「だるい」、「やる気が起きない」という方は、

習慣となっているルーティンから抜け出してみましょう!

いつもと違うことをしてみましょう!!

「どうすれば良いかわからない」という方がいらっしゃいましたら、

私と一緒にトレーニングしましょう!!

早朝の散歩でもジョギングでも付き合いますよ

オンラインで、一緒に腹筋トレーニングでもやりますか?

いつもと違うことを始めるにはとてもエネルギーが必要ですが、

誰かと一緒なら、始められるかもしれません。

▼ [ I have a Suggestion ! ]

カラダやココロの信号には敏感に

そして、黄色信号のうちに対処しよう

休もう!

休めなかったとしても、普段はやらない自分のやりたいことをしよう!

参考にしてみてください。



「できない」を背負っている人を、ゼロに。

片麻痺専門トレーニングジム

ラクシオン.

#脳梗塞

#脳梗塞なんか負けないよ

#脳梗塞リハビリ

#脳梗塞からの復活

#脳出血

#脳出血リハビリ

#パーソナルトレーニング

#伊勢原市

#平塚市

#秦野市

#厚木市

#理学療法士

閲覧数:17回0件のコメント

最新記事

すべて表示